女子学生

あさみどり色のレースのカーテンに、 あたたかで透明な朝の光が透けて見えます。 そこにくっきりと浮かび上がっているのは、 レースに散りばめられた丸い葉っぱの繊維模様。 そんな1日の始まりのコラボに、近づく春を感じました。 昨夜はちゃんと寝たよな、 なのになんだかほんわかしてきて、 まぶたが重くなってくるのでした。 おい、朝から春眠あかつきを覚えずをじでいく場合なのかよ、…

続きを読む

リセット

年が明けてからバタバタと2週間がすぎたあたりまで、 気持ちが新年版に切り替われていない気がしていました。 昨年末の30日、薬局内をめっちゃきれいにして新年を迎えたい。 そう誓って全集中して取り組んだ大掃除。 結果、時間切れで力つき、思い描いた完全制覇できなかったそのことを、 だらだら引きずっていたのです。 いったいなにがそんなに大掃除だったのか。 たしか5、6年前だった…

続きを読む

選ぶこと

こっちかあっちを選ぼうとします。 どっちを選んでも、よくも悪くも変わらないものになる。 大したマイナスにならない。 最初から、そうわかっているなら、ずいぶん楽だろうに。 恐れるのは、貯蓄がゼロになってしまう、 最悪、大きな負債を抱えてしまう、そういう結果になることです。 だから私は、いつも慎重になってしまいます。 迷って、どちらも選ばないとします。 それは、選ばないのじゃ…

続きを読む