初夏

朝の初夏の光がキラキラと輝いています。
街路樹の若葉は優しく目に沁みます。

改めて振り返ると、
日本でコロナの問題が持ち上がったのは、今年1月中旬のこと。
あれから──季節はめぐりました。
しみじみと思います。

晴れた初夏の5月は、一年のうちで最も心地よく過ごせるとき。
夏日を記録しても、空気はまだからっとして爽やかです。

夕方にはひんやりとした空気が昼間の暑さ押しやって、
翌朝まで居座ってくれます。

初夏が真夏より過ごしやすいのは、気温より湿度が低いことが大きいですね。

なんだか軽い躍動感を覚えます。
自粛生活でモヤモヤした心がスーッと軽くなっていきます。