抗菌薬

ゴホゴホ。ゲホゲホ。
風邪が流行る季節になりました。

風邪の原因はウイルスがほとんど。
風邪に細菌の増殖を抑える「抗菌薬」は効きません。
ウイルスと細菌は、まったく別物だからです。

にもかかわらず、風邪に「抗菌薬」を処方する医師が少なくありません。
それは医師に、「抗菌薬がカゼの重症化を防ぐ」
「抗菌薬が細菌への二次感染で起こる肺炎を防ぐ」
という思い込みがあるからでしょう。

患者さん側も医師にやたらと抗菌薬の処方を求めるべきではありません。
普通にしていれば風邪は治る病気なのに、
「抗菌薬」を飲んだから治ったと勘違いする。
その誤った成功体験から、次の風邪のときにまた抗菌剤を求める。


細菌性でもないのに抗菌薬を飲むと、
体にとって有用な細菌に悪影響が出ます。
当然、風邪を治す本来の力を落とします。

「いや、それでも自分は風邪が治った」という人がいるかもしれません。
しかしそれは、自分の免疫が勝ったにすぎません。

黄色い鼻水や痰が出るから、細菌性なんでしょうか?
根拠がありません。
分泌物に色がつくのは、ウイルスに感染にして炎症反応が起こり、
体液が濃縮するからです。

そして一番の問題は、「薬剤耐性菌」が出ること。
不要な抗菌薬を使うことで、細菌が耐性を持ってしまう。
これが周囲の人に感染して拡大すると、
本当に抗菌薬を必要とする患者さんへの治療ができなくなってしまいます。

医師と患者さん双方の意識を、どう変えていくべきなのか。