揺らぎ

「揺らぎ」という言葉から、
あなたは何をイメージしますか?

私は2つ、イメージします。
1つは、「精神的に不安定になる・ぐらつく」という負のイメージ。
もう1つは、心身のバランスを保つための作用をイメージします。

あなたは普通、昼間働き、夜休みます。
胸に手を当てれば、
そこに愛らしい小動物がいるような、
収縮と拡張を繰り返す心臓の優しい鼓動を感じるでしょう。

外に出ると真冬の寒さに身震いし、
暖房のきいた部屋の中ではほんわかと緩みたくなります。

ときに楽しそうにゲラゲラと笑い、
理不尽な事柄に憤怒の念を抱くこともあるかもしれません。

こうしてあなたは、
まるでシーソーやブランコのように左右に、前後に、上下に揺らいで、
心身のバランスを保っています。

「揺らぎ」のない硬直したあなたから、透明な生命の循環は生まれません。
だからあなたは決して、揺らぐことに不安を感じる必要はないのです。

あなたの「揺らぎ」の幅には変化があります。
例えばあなたがまだ若く、体力に自信があるのなら、揺れの幅は広く、
すでに中高年に差し掛かかったあなたなら、
揺れの幅は若い頃より狭くなります。

揺れの幅は、過ごす季節や時間帯などによっても変化します。
例えば夏は冬より代謝が高まるため、揺れの幅は冬より広くなります。
もしあなたが夕方になって疲れを強く感じるなら、
揺れの幅はそれに合わせて朝より狭くなります。

「振り子運動の規則性」を知っているでしょうか?
これは、振り子をつるす糸の長さが同じなら、
おもりの重さや揺れの幅に関係なく1往復する時間は一定である、というものです。

揺れの幅が広くても狭くなっても、あなたはあなた。
結果は同じなのです。
これからもただ、あなたなりの「揺らぎ」で過ごして下さいね。