流れに乗る

駅のプラットホームに看板広告を出し、8年が過ぎました。
毎年7月か8月に、1年ごとの再契約を結ぶのですが、
今年はもう、再契約はしないと決めていたのです。

3_1.jpg

プラットホームで電車を待つ人の多くは、スマホの操作に夢中で、
看板を見ているようには、思えません。
いまは、「広告に看板」なんて時代じゃないんだな、と。

それに、広告料がそんなにかからない、「HP」があるし、
当局の認知度が以前よりも上がっているだろうとの希望的観測もあり、
そんな気持ちにさせられたわけです。

ところが、あ~ら不思議ちゃん。
先月から今月に限って、
「駅に看板出してますよね」
「看板を見ていて、何かあったら相談しようと思っていたんですよ」
「前から、看板があるのは知っていたのですが・・・」
等々、看板を媒体とした方が、立て続けにご相談にみえたのです。

意外に見てくれていたり、覚えてくれていたりで(*_*)。
そうか、これは、いま止めちゃダメってことなんだ。
よっしゃ! この流れに乗って、もう一年続けてみよう。
真夏の暑さを吹き飛ばす、一服の清涼剤のような、
私を前向きにしてくれた出来事でした!(^^)!