ヤキを入れる

ヤキを入れる。 ぶっそうな言葉ですが、そっちの意味のことじゃありません。 もう1つの意味に、 「鉄の刃を熱してから水に入れて強くする」というのがあります。 しかし、ヤキを入れることを繰り返すと、刃の切れ味はかえって鈍くなってしまう。 刃をボコボコにしちゃうわけですね。 ちなみに、使い終えたばかりの熱々の鍋。 熱をいったん冷ましてから洗わないと、 水の冷却作用で、鍋が傷…

続きを読む