漢方薬の運用

Aという漢方薬がある。 Aが、「○○○病」に効いた。 だからAは、「○○○病」のすべてに効く。 こうした結論の出し方に間違いがあるのは、誰からの目にも明らかでしょう。 結論に至るまでの過程に、飛躍や思い込みがあってはいけませんね。 まずは、「効いた」というデータの1つひとつを詳細に分析する。 あるいは反対に見方を変えて、効かなかったデータから、それをしてみる。 そうすること…

続きを読む